【青春時代思い出の曲 No5】今だからカミングアウトしちゃいます

実は自分の初恋?のころ車のオーディオでよく聴いていた思い出深い曲です。当時はカセットテープの時代。レコードからテープに録音して何度も繰り返し聴きましたね。
デートした最後に別れの時の気持ちって、まさにこんな気持ちそのものかもしれません。
曲は「帰れない二人」、1976年の井上揚水さんのアルバム「氷の世界」のA面にある曲です。同時にシングル「心もよう」のB面に収録されてもいます。
自分は「心もよう」のレコードを今も大切に所有しています。後で知ったのですが、この曲、忌野清志郎との合作なんですね。忌野清志郎も癌で亡くなってしまいとても残念です。
ということで前回もこの曲、このブログで紹介していますが、今回は忌野清志郎さんとの共演で井上揚水さんのライブ聴きました。
曲の歌詞をしっかり聞いてみましょう、改めてよく表現されていると思いました。



揚水さんといえば、この曲も良いですね、同じくよく聴いていました。青春時代を思い出します。




# by cd_daisuki | 2019-03-21 23:50 | 音楽 | Comments(1)

【青春時代思い出のヒット曲 No4】よくカーオーディオで聴いていました

1976年に結成されたアメリカのバンドである「TOTO」です。デビュー当時から人気は高く全米チャートでも常にヒットを飛ばしていました。
特に1982年に発表されたアルバム「聖なる剣」は世界的に大ヒット。このアルバムに収められた「ロザーナ」は1曲目で最も印象的ですが、紹介する「アフリカ」はアルバムの最後に収められた名曲です。
このバンドの名前の由来にはいろいろな説があります、中でも日本のトイレのメーカーと同じ名前なのもメンバーの一人が日本に来てトイレを使った時にたまたま見たトイレ用品から名前をつけたとありますが、どうもそれは正しい説かは定かではありません。
「アフリカ」はシングルレコードでも全米1位になるなどヒットしましたが、自分が車で会社通勤していたとき、カーオーディオでよく聴いていたことが思い出されます。




# by cd_daisuki | 2019-03-18 23:58 | 音楽 | Comments(0)

お昼に海鮮丼をいただきました

週末はJR荻窪駅近くの海鮮うおこうへ行ってランチをいただきました。
2人とも海鮮丼をいただきました。昔から荻窪では有名なお魚の鮮魚店、うおこうの経営するお店ですから結構期待が高まりますね。
私の注文したのがこちら、
c0000956_19305944.jpeg
友人は同じ海鮮丼でもこちらをチョイス、なんだかこちらの方が豪華にみえますが、実はこちらの方が低価格。
c0000956_19320894.jpeg
お店の外観は写真を撮り忘れました、お店のHPより使わせていただきます。
c0000956_19330413.jpg



# by cd_daisuki | 2019-03-16 19:33 | 食べ物 | Comments(0)

新しい年号の発表まであと2週間

新しい年号が発表されるまで、あと2週間をきりました。
平成にもお別れです。どんな年号になるのでしょうかね?

# by cd_daisuki | 2019-03-15 23:53 | Comments(0)

今日はちょっと趣向を変えて、こんな曲を聴いていました

少し趣向を変えて今日はアメリカのシンガーソングライターであるシェリル・クロウを紹介します。


こちらは元Beatlesのジョージハリスンの代表曲My Sweet Road、彼女なりに歌い方もアレンジされていますね。



# by cd_daisuki | 2019-03-15 23:46 | 音楽 | Comments(0)

久々にスシローでお寿司をたくさんいただいてきました

久々にスシローへ行ってきました、当日の午前中にネットで予約を試みましたが、すでに夜は全部予約が埋まっています。そこで早めの18時過ぎにお店に行ってみたら5分待ちで席に座れました。予約システムがあるとかえって皆さん気軽に予約してしまうのですね、意外にお店はすいていたりします。
スシローは他の100円寿司よりちょっと高めの120円、でも味は美味しくてそれなりの価値はあると思います。
c0000956_23223366.jpeg
c0000956_23224972.jpeg


# by cd_daisuki | 2019-03-15 23:23 | 食べ物 | Comments(0)

海外の方に言われて、改めてこの曲のすごさを認識しました

お隣の大陸の大きな国の方と会話する機会があるのですが、お二人とも日本の文化、特に日本のアニメを通して日本に興味を持たれています。この国でも日本のアニメブームは相当なものであることを実感しています。
日本のアニメのパワーは世界中の若者に影響を与えていますね、これからはもっと積極的に海外へ広めることで一大ムーブメントになるはずなのですが、とてももったいない。逆に良いものは宣伝しなくても自然に海外に受け入れられ、自然に広まっている感じがしています。
いま、お二人の気に入っている日本の音楽を聞いてみると「レモン」という答えが返ってきました。ご存じ米津玄師さんの曲です。昨年の2018年発表の曲ですが、ご存じTBS系で放映のどらま「アンナチュラル」の主題歌でもあります。
国内では2018年度最大のヒット曲になり、You Tube再生回数も今日現在で3憶2700回を超えていますから驚異的です。大陸のお二人に言われて改めてここでLemonを聴いてみることとしました。
ちなみにPVで踊る女性ダンサー、気になりますね。吉開菜央(よしがい なお)さんです。



# by cd_daisuki | 2019-03-10 22:00 | 音楽 | Comments(0)

太麺パスタの食感が印象的でした

週末の土曜日の夕飯は新宿近くのパスタのお店、「バンコントマテ 代々木店」に行ってきました。
食べログでも3.05とかなりの高得点ですが、確かに一味ランクの高いパスタを堪能することができました。お店のHPによれば、「2.5mmの太麺を大釜でゆであげています。もちもちの食感が人気で、種類はなんと100種類以上もあります!」とのことからわかるとおり特徴ありますね。
名前は忘れましたが、3名で行って違ったメニューをオーダーしましたので写真で紹介します。
まずは自分がいただいたもの、
c0000956_21344465.jpeg
一緒に行ったお二人は、
c0000956_21353632.jpeg
c0000956_21360257.jpeg
ちなみにお店はこんな感じ、写真忘れたのでお店のHPから借用させていただいています。
c0000956_21365454.jpg




# by cd_daisuki | 2019-03-10 21:38 | 食べ物 | Comments(0)

【青春時代思い出の曲 No3】70歳代でもこのエネルギーはどこからでてくるのでしょう

いまさら説明の必要もないと思いますが、ロック界の最高峰に50年以上君臨し続ける4人組ロックバンド、The Rolling Stones(ローリングストーンズ)です。
結成は1962年、なんと前回東京オリンピックが開かれた1964年よりも前にイギリスで結成され、その後一度も解散することなく、多少のメンバーチェンジはあったもののずっと第一線で活躍をつづけています。2012年には結成50周年を迎えています。
彼らの曲はほとんどがバンド設立当時からの中心メンバーであるボーカルのミックジャガー(現在75歳)とリズムギターのキースリチャード(同じく75歳)により作られています。ドラムのチャーリーワッツに至っては現在77歳、2019年の現在も米国ツアー中です。このエネルギーはどこから生まれてくるのでしょう?普通なら意見の違いも出てくるでしょうし、世界的にカリスマとして君臨し続けられるわけを知ると何かと参考になる何かが見えてくるきがします。
彼ら独特のリズムは、キース・リチャーズが弾き出すリズム・ギターとチャーリー・ワッツのドラムスにあるでしょう。一見単純なロックに聞こえながらこの二人が合わさることで彼らならではのストーンズのロックが生まれるのです。これは他の誰もまねできない独自のサウンドです。
前置きが長くなりましたが、彼らの曲の中でも異色といえる曲で自分がいつも耳から離れないのが今回紹介っする「She's A Rainbow」です。この曲は1967年発売のアルバム「サタニック・マジェスティーズ」のB面に入っています。実は残念なことに自分はこのアルバムを所有していません。いずれ中古のレコード店でも見つけたら購入したいと思っています。というか、この曲だけがこのアルバムで目立っているのですね。彼らとしては珍しくサイケデリック調のアルバムで、この曲もストーンズの一連の曲の中ではかなり異色ですが、ヒットしました。
1967年当時の音源で多少演奏などにぎこちなさを感じます。まずは曲を聴きましょいう、懐かしいですね。

こちらは2016年、南米ペルーでのコンサートでの演奏、70歳代とは思えないですね。
自分はいつも勇気づけられています。日本には2014年以降来日していませんが、今年2019年はアメリカに行けばコンサートいけるのですがね...
実際いつまでグループを続けるのか?80歳超えてもロックしてるかな?自分もそうありたいです!!!!


# by cd_daisuki | 2019-03-07 23:25 | 音楽 | Comments(0)

【青春時代思い出の曲 No2】1967年のヒット曲、青春時代が蘇ってきます

最近は思い出したように青春時代に聴いた曲を懐かしく思い出しています。邦題で「青い影」イギリスのロックバンド、プロコルハルムの名曲ですね。
ビートルズやローリングストーンズといった英国ロックが流行る中、ちょっと宗教っぽいこんな曲が大ヒットしました。
たぶん自宅の押し入れの中を探せば出てくると思いますが、当時シングル・レコードを買って何度も繰り返し聴いていました。
まずは青春時代を思い出して聴いてみましょう。
「青い影」(A White Shade Of Pale) プロコルハルム、1967年の曲です。
当時のオフィシャルビデオ映像です、今のプロモからすると時代のながれを感じます。

プロコルハルムはブルース的要素とクラシック的要素を融合させた独特の音作りで、70年代のプログレッシブロックを世に生み出したともいわれます。1977年に一度グループは解散しましたが、再結成して現在もメンバーの入れ替えはあってもグループは存続しています。
来日の記憶もあり、ユーミンこと松任谷由美とのコンサートなど記憶にあります。
1967年から40年経った2006年の映像です、同じ「青い影」クラッシックの要素が取り入れられていますね。
ずっと活動を続けているためでしょうか?現在のほうがさらに歌もうまくなって良い曲に聞こえて感動します。




# by cd_daisuki | 2019-03-05 23:54 | 音楽 | Comments(0)

【青春時代思い出の曲 No1】50年以上たっても、良い曲は心に残ります

ボブ・ディランの名曲、「ライク・ア・ローリング・ストーン」(Like a Rolling Stone)です。
1965年にシングルで発表され、その後写真にあるアルバム『追憶のハイウェイ61』に収録されています。
長い時間が経っても、何度聞いてもたまに思い出す曲です。やはり歴史的な名曲なんでしょうね、というわけで久々に聞きなおしてみました。
フォークソングとロックを融合したフォーク・ロックと呼ばれますが、この曲は語りかけるような曲の流れもあり、それにビートが合わせることでより多様でメッセージ性の強い曲になっています。1960年代のフォークソングは公民権運動盛んなアメリカで政治的な内容、アナログなフォークギターを使ったものが多かったのですが、ディランはそれまでロックがエレキギターやドラムを中心に男女の恋愛を唄ったものが多かったのに対してフォークとロックを融合させた新しいジャンルを切り開いたといえますね。
ある意味ビートルズも恋や恋愛以外を歌うことで、それまでの常識を打ち破りましたが、社会的メッセージ性の強いプロテストソングを歌うの代表曲であり、ディランにとってもロックの世界でも歴史的な曲になったことは間違えありません。
曲の内容は上流階級の女性の転落を歌いながら反体制的な社会批判を含めてそれまでのディランが追求してきたテーマの総決算になっています。
アルバムジャケットにある若き日のディランもカッコ良いですね。
当時としては6分間近い長い曲も珍しかったと思います、ディランもノーベル文学賞を受賞したりと70歳超えても活躍していますが、まだまだ良い曲を提供してもらいたいものです。
ちなみにこのアルバムはLPレコードでも所有していますが、聴くのはCDですね。


# by cd_daisuki | 2019-03-03 18:38 | 音楽 | Comments(0)

お客様を迎えての新宿での飲食会

週の半ばの水曜日の夜は仕事でのお客様をお迎えしての新宿での食事会でした。場所は小田急サザンタワーの2階にあるVILLA BIANCHI。
どのタイミングだっかはわすれましたが、このお店、過去にも訪れたことがあります。店内は比較的落ち着いていますし、価格もリーズナブル。
飲み放題のコース料理を楽しむことができました。
(お店の写真は撮り忘れました、お店のHPから引用させていただきます)
c0000956_23161135.jpg
料理はイタリアン、シーザーサラダや生ハム、ピザにパスタまで、平凡とはいえ価格とのバランスはよく取れていると思いました。
飲み物に関してもワインを中心に一応そろっているので満足です。
c0000956_23183335.jpeg
c0000956_23184978.jpeg
c0000956_23190017.jpeg
c0000956_23191276.jpeg
c0000956_23192324.jpeg



# by cd_daisuki | 2019-02-28 23:20 | 食べ物 | Comments(0)

塩ビパイプが変身しました

今日は風も吹かずに、お天気もよくなり、絶好の洗濯日和でした。
暖かくなってきたので、外でもできる工作を始めています。
水道や雨水を通す塩ビ管を幅2cm程度にカットします。カットし終わったのが写真中央にあるリング状のものです。
c0000956_21493401.jpeg
実は欲しかったのは塩ビの平らな板です、そこでリング状に切り取ったもの(上の写真の中央)を台所のガスコンロで慎重に気をつけながらゆっくりと温めます、時間かかりますが焦がさないように気をつけて温め、柔らかくなったら平らな金属の上で押しつけるようにして平らにして冷やしました。
こんな感じの平板に変身します。これを何に使うかって?近々紹介しますのでお楽しみに。
塩ビは屋外でも雨や太陽光にも強く使い道が多いのですが、平板となっているものは販売も少なく、塩ビパイプも多く余っていたのでこんな作業となりました。
慣れてくるときれいに平らのなります。
c0000956_21572616.jpeg


# by cd_daisuki | 2019-02-24 22:02 | 電子工作 | Comments(0)

天気は確実に春に向かっていますね

今週末の土曜日は風が強かったものの快晴で気分も良かったので計画通りに久し振りに吉祥寺の街へ行ってきました。
久し振りの井の頭公園です、スワンボートは乗りたかったですが、もう少し暖かくなってからのお楽しみにしてこの日は眺めるだけ。
c0000956_10330698.jpeg
公園を抜けてまだ行ったことがなかった三鷹の森ジブリ美術館へ。海外の方にも人気のためか外国人の方も多かったですね。
残念ながら当日のチケットはすでに完売。でも外観だけでも気分を味わうことができました。
c0000956_10362674.jpeg
c0000956_10364104.jpeg
吉祥寺の町へもどり、ゆっくりとランチを楽しみました。お店はタパス&タパス 吉祥寺店です。このお店は以前に渋谷のお店に何度か行ったことを思い出しました。
c0000956_10420578.jpeg
時間帯もあるでしょうが、結構並んでいる方も多いのでびっくり。ランチメニューをいただきました。
自分は「モッツァレラと揚げ茄子のトマトソース」。
c0000956_10445289.jpeg
c0000956_10451839.jpeg
友人は「九州男児クリーム」と名付けられた「グリルチキンとキノコの特製クリーム添え」です。
c0000956_10465387.jpeg
デザートにドリンクバーまでついているので、かなりお得な感じがありましたね。
c0000956_10482704.jpeg
c0000956_10485482.jpeg









# by cd_daisuki | 2019-02-24 10:50 | 食べ物 | Comments(0)

新しいジャンルの音楽に聞こえてきます

結成まだ1年ほどですがFUJI ROCKフェスに出演するなどして急激に人気が高まっている6人組バンド「odol」です。
一見歪んでいるようで、物静か、複雑な音の組み合わせが独特でありながら心地よい、不思議な音楽に仕上がっています。
日本発のシーゲイザー・サウンドとも評されていますが、どうでしょうう?今まで聴いたことないジャンルの音楽かもしれません。
オフィシャルビデオから数曲を選んでみました。







# by cd_daisuki | 2019-02-17 23:20 | 音楽 | Comments(0)

今年初めの頂き物

今年初めに某車のディーラーから景品でいただいた招き猫の貯金箱、そして別の方からいただいた今年の干支のイノシシ。このイノシシ実は石鹸です。今年が終わったら手を洗う石鹸として使います。
c0000956_22521731.jpeg

# by cd_daisuki | 2019-02-17 22:53 | Comments(0)

2月ももう後半に入りました

早いものでも2月も半ばを過ぎて後半に入りました。週末は晴れて少し暖かさも感じられるようになってきましたね。
今週末は友人宅へお邪魔してご飯をご馳走になりました。
ブランチに近かったのでコーヒーにコストコのパン、野菜と卵の炒め物に果物など。
c0000956_22440425.jpeg
お昼も具沢山のおそばに、焼き餃子。立て続けにいただいて夜までお腹いっぱいになりました。
c0000956_22461795.jpeg


# by cd_daisuki | 2019-02-17 22:47 | 食べ物 | Comments(0)

西新橋で春節にあわせて中華をいただきました

2月5日は中国では春節ということで、日本で言うところの元旦にあたりますね。でも東京の新橋ではそのような雰囲気はまったくかんじられません。
そんな中、しんばしにある中華のお店で飲み会を行いました。お店は「李さんのおいしい中華屋」、ここは以前に会社の送別会でつかったことのあるお店です。
飲み放題、食べ放題のコース2時間でしたが、最終的にはお腹は満腹。ちょっと調子にのって食べ過ぎました。でも中華料理は全体的にリーズナブルで味も美味しく満億できましたね。ただハイボールとかのお酒がちょっと薄め、5杯か6杯飲んだ記憶がありますがまったく酔わない!!
c0000956_22091747.jpeg
c0000956_22092872.jpeg
c0000956_22094195.jpeg
知人の話では春節では水餃子は必ずいただくようです。
c0000956_22095122.jpeg
c0000956_22105653.jpeg
c0000956_22110757.jpeg
お店は西新橋にあります。席の数は少ないですが店内は意外に静かで清潔、ゆっくり話しができました。
c0000956_22121382.jpg



# by cd_daisuki | 2019-02-06 22:12 | 食べ物 | Comments(0)

そろそろ雨降ってほしいですね

今週末は国分寺駅から西部国分寺線で鷹の台付近を散策しておりました、目的はあったのですが、移動はすべて業者さんの車です。
乗った車はT社さんの「エスクァイア」。ハイブリッドで後部ドアは電動。カーナビは標準ですが同じ画面で360度見渡せます。バックも安心ですね。車もどんどん進化しています(画像はT社さまのHPより引用させていただきました)。
c0000956_23190320.jpg
結局数時間にわたりいろいろ用事を済ませて、最後は国分寺の駅前にあるラーメン屋さんで遅めのランチをいただきました。
国分寺駅前もどんどん新しくなっていますね。
この日は初めて「油そば」を食べました。いまさらと言われそうですが、美味しかったですね。少々癖になりそうです。
お店の名前は控えるの忘れました、すみません、写真だけ。
c0000956_23220723.jpeg


# by cd_daisuki | 2019-01-27 23:24 | 出張 旅行 | Comments(0)

日本全国5箇所の麺が楽しめます

ファミリーレストランのガストではいま「ご当地麺処」フェアーが行われています。小樽、徳島、長崎、甲府、松山のそれぞれの麺が楽しめます。
今回は2種類を食べてみました。
最初は「甲府 3種味噌のほうとう」。ほうとうをいただくのは久しぶりです。
c0000956_23011126.jpeg
そして「長崎 海鮮皿うどん」、こちらは長崎生まれの「金蝶ソース」がついてきます。
c0000956_23032804.jpeg
一緒に行った家族は小樽以外はすべて現地で実際に食べています。感想として現地の味はしっかり出ているとのこと。ちょっと珍しい地方の麺を楽しみました。


# by cd_daisuki | 2019-01-27 23:05 | 食べ物 | Comments(0)